上越市 久比岐能 くびきのう ロゴ

上越市 久比岐能 くびきのう タイトル

期 日/平成29年10月31日(火)
開 場/午後5時00分
開 演/午後6時00分 終了予定/午後8時30分頃
会 場/上越文化会館大ホール

番 組

・主催者挨拶

 

・解説

観世 喜正

・仕舞

笠之段 高橋 康子
芭蕉キリ 観世 喜之
山姥キリ 永島 忠侈

 

地謡

観世 喜正
駒瀬 直也
遠藤 喜久
佐久間 二郎

・和泉流 狂言

昆布売

 

シテ
アド

大名
昆布売
後見

野村 万蔵
能村 晶人
野村 万之丞

・観世流 能

小鍛冶

 

前シテ
後シテ
ワキ
ワキツレ

童子
稲荷明神
三条宗近
橘道成
宗近家来

小鼓
大鼓
太鼓
後見

地謡

観世 喜正

則久 英志
平木 豊男
上杉 啓太
江野 泉
住駒 充彦
柿原 孝則
麦谷 暁夫
観世 喜之
遠藤 喜久
永島 忠侈
駒瀬 直也
鈴木 啓吾
佐久間 二郎
高橋 康子
吉澤 晃一

上越市 久比岐能 くびきのう 観世喜之   上越市 久比岐能 くびきのう 観世喜正   上越市 久比岐能 くびきのう 永島忠侈   上越市 久比岐能 くびきのう 山本泰太郎   上越市 久比岐能 くびきのう 山本泰太郎

観世 喜之

 

観世 喜正

 

永島 忠侈

 

則久 英志

 

野村 万蔵

能 「小鍛冶」(こかじ)

 時は平安時代。時の帝・一条天皇は夢の告げを受け、名工・三条小鍛冶宗近(さんじょうのこかじむねちか)に、 剣を打つよう勅命を出す。力量のある相槌打ちがいない為困惑した宗近が、氏神である伏見稲荷を参拝すると少年が現れ、稲荷を信じて待つように告げる。
神を祀り、刀剣を打つ為の台をしつらえ待つ宗近の前に、狐の姿を借りた稲荷明神が現れ、宗近の相槌役となって剣を打ち、めでたく名剣「小狐丸」が完成。この名剣の霊力で四海泰平・五穀成就がもたらされる。 名刀・名剣によって天下を治める目出度い物語。刀鍛冶の場面を見せる人気曲です。

狂言 「昆布売」(こぶうり)

 供を連れずに自分で太刀を持ってでかけた大名が、通りがかった若狭国小浜の昆布売に声をかける。大名は昆布売に太刀を持たせ、従者として扱うが、やがて我慢のできなくなった昆布売は太刀を抜き、逆に脅して昆布を売ることを強要する。大名は、様々な節を付けて、昆布を売らされる羽目におちいる。

□主 催/久比岐能実行委員会
□後 援/上越市、上越市教育委員会、上越商工会議所、
□後 援/三井企画(株)、上越ケーブルビジョン(株)、(株)上越タイムス社、新潟日報社、
□後 援/BSN新潟放送、NST、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、
□後 援/高田観世九皐会、高田観正会、高田喜謡会、皐声会、直江津浪鼓会、新井髙謡会
□お問い合せ/三井企画(株)内 「久比岐能実行委員会」事務局 上越市本町5-4-5 あすとぴあ高田2F
 TEL.025-524-1531 ※この企画の第一部は上越市内中学生を対象とした校外学習としておこなわれます。